広島大学 放射線反応化学研究室へようこそ!

 ENGLISH 

広島大学 大学院先進理工系科学研究科(理学研究科) 基礎化学プログラム

放射線反応化学研究室

Radiation Reaction Chemistry, Hiroshima University

  • 研究目標
  • 集積型鉄錯体のスピンクロスオーバー挙動
  • 集積型鉄錯体のスピンクロスオーバー挙動-混晶化によるスピン状態
  • 集積型鉄錯体のスピンクロスオーバー挙動-量子化学計算によるアプローチ
  • フルバレンで架橋した二核錯体-硫黄、セレン、テルルで架橋した二核ルテニウム-フルバレン錯体
  • フルバレンで架橋した二核錯体-バイオスモセンの混合原子価状態
  • フルバレンで架橋した二核錯体-バイオスモセンの酸化的C-C結合開裂反応
  • ランタノイド、アクチノイドの研究-151Eu、237Npメスバウアー異性体シフトを用いた密度汎関数計算のベンチマーク研究
  • ランタノイド、アクチノイドの研究-Eu/Amの化学分離に向けた結合状態の研究
  • 環境放射能ー東広島の河川、池水の環境放射能と共存元素
  • 環境放射能ー東広島の河川、池水の環境放射能と共存元素
  • 福島第一原子力発電所事故由来の放射性核種(137,134Cs)の環境動態解析-汚染米発現の機構に関する研究
  • 福島第一原子力発電所事故由来の放射性核種(137,134Cs)の環境動態解析-日本海やオホーツク海での放射性物質の移動
  • 福島第一原子力発電所事故由来の放射性核種(137,134Cs)の環境動態解析-周辺流域から湖への放射性セシウムの移行
  • 福島第一原子力発電所事故由来の放射性核種(137,134Cs)の環境動態解析-セシウム耐性バクテリアを用いた土壌からの137Csの除去
  • サムネイル1-1
  • サムネイル1-1
  • サムネイル1-1
  • サムネイル1-2
  • サムネイル2-1
  • サムネイル2-2
  • サムネイル2-3
  • サムネイル3-1
  • サムネイル3-2
  • サムネイル4-1
  • サムネイル5-1
  • サムネイル6-1
  • サムネイル6-2
  • サムネイル6-3
  • サムネイル6-4

メンバー写真

集合写真 @東広島キャンパス  2021.04.08

2020/12/01

ホームページのURLが変わりました:新URL https://radichem.hiroshima-u.ac.jp/

News

2021/04/10 化学科新入生の見学会がありました。
2021/04/08 グループ写真を撮影しました。
2021/03/23 学生が表彰されました。
2021/03/23 卒業式でした。
2021/03/19~22 日本化学会第101春季年会に参加しました。
2021/03/01 新卒研生、岡崎ななかさん、藤田大和さんが私たちのグループに加わりました。
2021/02/24~25 期末報告会を開催しました。
2021/02/15~18 修士論文審査会、卒業論文発表会が開催されました。
2021/01/15 令和2年度KUR専門研究会「短寿命RIを用いた核分光と核物性研究VII」(web)に参加しました。
2020/12/22 M2加藤さんが The 17th Nano Bio Info Chemistry Symposium で Grand Prix を受賞しました。
2020/12/09~11 日本放射線安全管理学会第19回学術大会webに参加しました。

NEWS一覧へ

Information

講義・セミナーを更新しました。
NEWS一覧を更新しました。
トップページの集合写真を更新しました。
講義・セミナーを更新しました。
メンバーを更新しました。
NEWS一覧を更新しました。
NEWS一覧を更新しました。
業績を更新しました。
研究内容を更新しました。
業績を更新しました。
NEWS一覧を更新しました。
NEWS一覧を更新しました。
NEWS一覧を更新しました。

INFORMATION一覧へ

CONTACT

  • 〒739-8526
  • 広島県東広島市鏡山1-4-2
  • TEL 082-424-6290
  • FAX 082-424-0700
  • ricentr@hiroshima-u.ac.jp

Page Top